« 暦はなぜできたのか(暦の起源) | トップページ | 一日の始まりは3つもあった(一日のはりまりはいつか) »

2007年5月15日 (火)

元旦だけでない一年の始まり(年初はいつか)

春夏秋冬という季節の循環は1太陽年で完了する。しかし、1太陽年の始まりである年初をどこにおいても自由である。

 古代ローマでは、現在の3月が年初の月であった。そして、閏日は年末に置いた。2月に閏日を置くのはその名残である。3月が年初であった名残は第7の月を意味するセプテンバーが9月であり、第8の月を意味するオクトーバーが10月であることからもわかる。

 ヨーロッパ各国間でも17世紀頃までは年初の月日が違っていた。例えば、イタリアでは18世紀までベネチアは3月1日、ピサは3月25日、フィレンツェは3月26日が年初であった。イギリスでは、12月25日(クリスマス年初)を採用していたが、14世紀に3月25日(受胎告知年初)に変更され、1752年にグレゴリオ暦(太陽暦の新暦、日本の西暦)を受け入れた法令が発布されたとき、現在の1月1日にしている。

 中国で発達し日本で受容した太陰太陽暦は、農耕用であったので二十四節気の立春を年初と考えていた。

 そして、現在の日本では1月1日から始まり12月31日に終わる一年を暦年と唱えている。したがって、私たちは年初は1月1日であると考えているが、会計年度や学校などは4月1日に始まる。ちなみに、アメリカでは7月1日に始まる。

 このように、年初は本来どこにおいてもよい。グレゴレオ歴が1月1日においているだけである。そして、このグレゴリオ暦はもちろん日本で西暦と呼ばれている暦である。 

|

« 暦はなぜできたのか(暦の起源) | トップページ | 一日の始まりは3つもあった(一日のはりまりはいつか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401663/6381484

この記事へのトラックバック一覧です: 元旦だけでない一年の始まり(年初はいつか):

« 暦はなぜできたのか(暦の起源) | トップページ | 一日の始まりは3つもあった(一日のはりまりはいつか) »